小学生から英会話をしている子の共通点

正直なところ、小学生のうちから英会話をやっていたからと言って、中学校で英語で良い成績をとれるという確証はありません。実際にたくさんの事例を見てきましたが、できる子はできる、できない子はできません。理不尽な世の中とはよく言いますが、先生の言ったことを一度で理解し、長期記憶できる子というのはいます。逆に、それができない子は長い間何かを習っていても、一瞬でその子にそれを追い抜かされてしまうのです。

ですが、英会話を習っていたという子に共通するのは、その子が英語の成績が悪くても英語に関して一定の自信を持っているということです。私は他科目の中では英語が一番得意だ、という意識を常に持っていることで、英語を勉強するのは苦痛ではないと言うのです。

成績を上げる目的で英会話に通わせていた親御さんからしてみればがっかりかもしれませんが、結果として出なくても子どもは無意識のうちに得意科目を形成できているかもしれません。